隙間女 - 都市伝説100

ある男性が、自分の部屋の中で何者かの視線を感じるようになった。あたりを見回したりしたが、部屋の中にいるのは自分ひとりである。だが見られているという感覚はぬぐえず、しばらく続いた。男性は不安になり、室内を物色してみたが見つからない。男性はますます心配になって念入りに部屋を探すことにした。すると、ふと視線の正体を発見してしまった。タンスと壁のわずかな隙間から、じっとこちらを覗いている女がいた。

  • 友達に教える
  • ツイートする
  • ブックマーク:
  • gooブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • はてなブックマークに追加
  • Buzzurlに追加
  • livedoorクリップに追加
  • FC2ブックマークに追加
  • newsingに追加
  • イザ!に追加
  • deliciousに追加