夢 - 都市伝説100

ある女子高生が、学校の帰りに変質者に襲われメッタ刺しにされるという夢を見た。目が覚めてもはじめから終わりまで鮮明に覚えており、次の日登校しても記憶は続いていた。そして下校しているとき、夢と全く同じ状況にさしかかっていることに気づいた。彼女はいやな予感がしたので、家族に車で迎えに来てもらうことにした。待ち合わせ場所のコンビニで雑誌を読んでいて、ふと顔を上げると、店の外に夢と同じ変質者が立っていた。変質者はこちらを睨み、「夢と違うじゃねぇか!」と吐き捨てたという話。

  • 友達に教える
  • ツイートする
  • ブックマーク:
  • gooブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • はてなブックマークに追加
  • Buzzurlに追加
  • livedoorクリップに追加
  • FC2ブックマークに追加
  • newsingに追加
  • イザ!に追加
  • deliciousに追加