節約術100

  • ブックマーク:
  • gooブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • はてなブックマークに追加
  • Buzzurlに追加
  • livedoorクリップに追加
  • FC2ブックマークに追加
  • newsingに追加
  • イザ!に追加
  • deliciousに追加

電池は100円ショップで買おう

100円ショップで電池を買おう。270円の電池を月1回購入していたものを、100円の電池にした場合、年間約2,040円節約できる。

インターネットバンキングで手数料を節約しよう

インターネットバンキングでは、オンライン口座を持っておくと便利。金利が高く、振込み手数料が安い。

公共料金はカード引き落としにしよう

公共料金はクレジットカードで支払いすることで、ポイントを貯めることができる。ポイント還元率が1%の場合、電気料金を月に8,000円、ガス代を5,000円、水道料金を3,000円支払っていた場合、月々160円分ポイントを得ることができ、年間1,920円節約できる。

生命保険を見直して節約しよう

保険は自分のライフスタイルに合ったものを選ぶとよい。結婚しているなら家族の安全を考慮した保険を重視し、独身なら、病気や怪我をした際の入院費用を補償する保険を重視するなど、保険の見直しをするとよい。月々20,000円の保険料が半額になれば、年間120,000円節約できる。

話すことをメモしてから電話しよう

相手に電話をかける前、あらかじめ話す内容をメモしておくことで、効率よく話すことができる。効率よく話すことで電話時間も短くなり、電話代も節約できる。

冷蔵庫の開け閉めを減らそう

冷蔵庫を開けると、冷蔵庫内の温度が上昇してしまうため、電気を消費する。あらかじめ、入っているものの場所を把握し、必要な時以外は冷蔵を開けない様にしよう。開けている時間を短くすることで、年間約140円節約できる。CO2は年間約3kg削減できる。

ガソリンはサービスデーに給油する

ガソリンを給油する時はサービスデーに行こう。サービスデーの時は通常価格よりも5%安く給油できるガソリンスタンドもある。また会員カード割引などで同様の割引を受けることができるガソリンスタンドもあるので、行きつけのガソリンスタンドでサービスデーや会員カード割引があるか確認しよう。1回の給油でガソリン代が6,000円なら5%割引を適用することで1回につき300円節約でき、毎月1回6,000円分、給油するなら、年間3,600円節約できる。

節水コマを使おう

節水コマを取り付けることで、水道代が半分になる。1日に1時間使用した場合、月に10,800リットル、水を節約でき、月々約2,592円、年間約31,104円節約ができる。

エコタイヤに切り替えよう

エコタイヤは、路面との摩擦抵抗を軽減することにより、燃費を向上させることができる。例えば環境タイヤを使うと、燃費を約5%向上することができる。1ヶ月のガソリン代が10,000円の場合、約500円節約することができ、年間約6,000円節約できる。

燃費のよいクルマに乗ろう

燃費のよいクルマと燃費のわるいクルマでは同じ速度、距離を走行しても、月々にかかるガソリンの消費量に差がある。ハイブリッドカーや小型車は燃費のよいクルマとされている。また車体重量の軽い自動車も重い自動車に比べて燃費がよい場合が多い。燃費のよいクルマに乗ることで、燃料代を節約できる。

フローリングの掃除はモップで行おう

フローリングは、掃除機を使わず、モップや雑巾を使って掃除をしよう。掃除機では行き届かない汚れもキレイに拭くことができる上、電気代を節約できる。掃除機(600W)の使用時間を1週間当り2時間減らすことができると、月々約110円、年間約1,320円節約できる。CO2は約25kg削減できる。

テレビは観たい番組だけを観よう

テレビはあらかじめ観たい番組だけ観ると決めておけば、無駄にダラダラとテレビを観なくなり、電気代の節約となる。32インチ型テレビを使用したとして、消費電力は1時間150W。電気代にして約3.0円。テレビを観る時間を8時間から7時間に減らすだけで月々約90円、年間約1,080円節約できる。

切れかかった蛍光灯は早めに交換しよう

切れかかった蛍光灯は早めに交換した方がよい。切れかかった蛍光灯は通常の電気代の約3倍以上も電気を消費してしまうこともある。

全自動洗濯機のスピードコースで電気代をカットしよう

全自動洗濯機には標準コース、おまかせコース、スピードコースがある。スピードコースにすることで、おまかせコースより約60%の電気代を節約でき、節水することができる。電気代は月々約352円、年間約4,224円節約できる。CO2は年間で約78kg削減できる。

電気代、契約数の見直しをしよう

現在使っている電球を、消費電力の少ないものに代えたり、契約数を代えたり、見直しすることで、電気使用量を削減できる。月々約700円、年間約8,400円節約できる。

1つのコンロを続けて使おう

複数の料理をする時は、1つのコンロだけを使い続けるとよい。コンロが温まっている内に次の鍋をかけると、熱が伝わりやすいのでより短い時間で調理することができるため、ガス代を節約できる。

ガスコンロは中火をキープがお得

ガスコンロでは中火にしたままでいると、ガス代が月々約75円節約になり、年間約900円節約できる。

煮込み料理はコンロ以外で煮込む

煮込み料理は鍋ごとタオルや新聞紙にくるんで、発砲スチロール箱などの断熱効果の箱に入れて保温。余熱での煮込みでガス代が節約できる

保険は掛け捨てだと低い金額で済む

終身保険に加入するより掛け捨て保険の方が低い金額で保険を掛けることができる。また、現在の様に金利がとても低い時に、終身保険に加入すると、将来の物価インフレリスクより低い金利で運用することになる可能性があり、実質的に積み立てている保険が目減りするリスクを取ることになる可能性がある。市場金利に敏感になり、上手に保険契約することで低い金額で保険をかけることが可能となる。

国や自治体の助成金を活用しよう

子どもが生まれると、子ども1人につき35万円の助成金を受け取ることができる。また、子どもが小学校6年生までに国に児童手当を申請すると第1子と第2子は5,000円、第3子からは10,000円もらえることができる。また育児のために、両親のどちらかが会社を育児休業すると、その期間内は月収の3割を支給してもらえる場合がある。

大根の葉は刻んで炒めてご飯のおかずに

大根の葉は刻んで、油と醤油などで炒めて味付けするとよい。ご飯のおかずにすることができ、惣菜代を節約できる。

ディナーよりランチがお得

会合はディナーではなく、ランチにするとよい。ディナーで5,000円以上かかるお店でも、ランチであれば1,500円以内になることもある。月に一度、会合をランチにすることで、月々3,500円、年間42,000円節約できる。

飲料を安く買うには

500mlのペットボトル飲料は自動販売機で150円。100円ショップでは同じ商品が100円で購入できるだけでなく、800mlのノーブランドメーカーの商品を100円で購入できるため、50円節約できる。

外食を減らそう

外食を控え、自宅で自炊する。食材は100円ショップなどで購入したり、カレーなどを多めに作ったりすることで、出費は少なくなる。1日1回、外食を1,000円していたものを、自炊で1食500円に節約した場合、月々15,000円、年間18,000円節約できる。

セカンドワインで楽しもう

海外の有名ワインは人気も高く、味も大変美味しいがその分、高額になりがち。同じ醸造家のセカンドラベル(セカンドワイン)と呼ばれる一級品に及ばなかった品質のワインだと安く楽しむことができる。セカンドラベルといっても、決して二流のワインではなく、一級品の品質に達しなかったものなので、同じ手間ひまをかけて作られている。安く有名ワインに近い味を楽しむならセカンドラベルがよい。

読みたい本は図書館で読もう

図書館では本やCDを借りることができる。毎月、本を1,000円購入していたものを、全て図書館で借りることができた場合、年間12,000円節約できる。

お買物は業務用スーパーでまとめ買いしよう

業務用スーパーでは、普通のスーパーと異なり、商品の内容量が多いが、1個あたりの価格は安い。業務用スーパーで業務用のものを買うことで食費を節約できる。

不要な物は、インターネットオークションなどに出品する前、身近で買ってくれる人を探そう

不用な物は、インターネットオークションなどに出品する前、身近で買ってくれる人を探してからにしよう。インターネットオークションに出品すると、落札価格の約5%を手数料として支払わなければならないことがあるため、身近で買ってくれる人に売った方が手数料もかからず、手数料分だけ節約できる。インターネットオークションで商品を10,000円で売ると、手数料が5%の場合、500円支払うことになるため、身近で買いたい人に10,000円で売ることができれば、500円節約できる。

家電量販店で上手に値引き交渉しよう

他店よりも安く販売することをセールスポイントとしている家電量販店がある。その様なお店を複数、近郊エリアで探し出し、合い見積を取るとよい。書類で見積を受け取ることができなければスタッフの名刺をもらい、名刺の裏に価格とサイン(捺印)してもらうなどして工夫しよう。合い見積があることで他店との交渉の際に、他店価格を証明でき、更なる値引き交渉が可能となることがある。この方法で店頭価格100,000円の商品を10%値引き交渉することができれば、10,000円節約できる。

引越しは見積もり一括サイトで

引越し業者の見積り一括サイトで引越し見積りをすると平日や時間指定なしの場合、大幅に安い価格で請け負ってくれる業者も存在する。場合によっては定価の半額以上割引してくれることもある。

引っ越しは平日がお得だ

引越しをする時は、土日、祝日、繁忙期の3月を避けるとよい。繁忙期の3月の休日では、値引き率が低くなることもあり、より多くのお金がかかってしまう。3月や休日に引越しすると5万円以上したものが、平日に引越しをすることで3万円になることもある。

リフォームは見積もりをもらって慎重にしよう

リフォームは必ず複数の業者から見積もりを取ろう。業者により値段の差が大きくコスト削減の交渉にも使える。ただし目に見えない材料や作業代も多く、あまりケチると安普請となるので注意が必要だ。

家賃の値下げ交渉をしよう

賃貸住宅の契約更新を行う場合、家賃の値下げ交渉をしてみよう。人気の物件でなければ、数千円ほど値下げをしてくれることもある。家賃を5,000円下げてもらうことができれば、年間60,000円節約できる。

特定優良賃貸住宅制度を活用しよう

国が推進をしている特定優良賃貸住宅というものがある。通常の相場よりも約3割安く借りることができるが、一定期間後には、家賃が上がってしまう。特定優良賃貸住宅に住むことで、10万円の家賃を7万円に減らすことができれば、年間36万円節約できる。

市販薬より処方薬の方がお得だ

薬は市販薬を買うよりも処方薬の方がお得になることも。病院や調剤薬局では、保険がきくため、何度も市販薬を購入するなら、処方薬を購入した方が安くなることがある。

地域住民健診で医療費を削減しよう

人間ドックでは高額ながん検診や基本健診を自治体が行っている地域住民健診で、無料や少額で受診することができる。上手に活用しよう。

ジェネリック医薬品を利用しよう

常用している薬がある場合、ジェネリック医薬品を探してみよう。ジェネリック医薬品は基本的に同じ成分で、同じ効果の薬品で、開発費がかかっていないため、従来の薬品よりも安い。

医療費控除を受けよう

医療費の控除とは、1月から12月までにかかった医療費が10万円を超えた場合、もしくは所得金額が200万未満の人が受けることができるので領収書は取っておこう。

休肝日を決めよう

肝臓を休めるためにもお酒を飲まない休肝日を設定しよう。1日に2本(150円/本)、お酒飲んでいる人が週に1日休肝日を設定することで、お酒代300円を節約でき、月々1,200円、年間14,400円節約できる。

ゴミはたたんで小さくして捨てよう

ゴミは折りたたんで小さくして捨てよう。ゴミを大きいまま捨てると、袋を余計に使用してしまう。小さく折りたたみ捨てることで、ゴミ袋を無駄に使用しなくて済む。家庭ごみ50リットル用ゴミ袋1枚減らすと、約25円節約できる。1ヶ月にゴミ袋4枚減らした場合、月々約100円、年間約1,200円節約できる。

デパートで商品券を買おう

デパートによっては、3000円以上の買い物で駐車場料金が無料になる。デパートで、買い物の時、商品券を3,000円分買っても駐車場料金は無料になる。月1回、デパートに買い物に行き、1回600円の駐車料金が無料となった場合、月々600円、年間7,200円節約できる。

乾燥機にかける前にバスタオルで水気取りを行おう

乾燥機にかける前、バスタオルで十分に水気を取ってから乾燥機にかけよう。水気を取ることで、早く乾かすことができる。

運動は公共施設のジムを活用しよう

運動は民間のジムよりも公共施設のジムの方が安い。地域にもよるが1回につき200円~300円で利用できる。民間のジムの場合、月払いとなっていることが多く、行かない日が多いと損になる。公共施設のジムであれば、都度、利用料が取られるだけなのでお得。10回利用で約2~3,000円、民間だと約9,000円となるため、1ヶ月に10回、ジムに通っていると、月々約6,000円、年間72,000円節約できる。

ホテルや旅館はネットで申し込もう

ホテルや旅館のホームページやインターネットサイトから宿泊予約の申し込みをすると値引きを受ける事ができることがある。当日の宿泊予約では、最大で50%以上の割引を得ることもできる。1ヶ月に一度、10,000円のホテルを利用していた場合、この割引を使うことで5,000円安く宿泊することが可能。年間60,000円節約できる。

書籍は購入後すぐに読み、インターネットオークションで売却しよう

最近発売されたばかりの書籍を購入した後はすぐに読み、インターネットオークションで売却すれば、高い値段で売ることができる。1500円で買った新書を800円で売ることができれば800円節約できる。

使わないリモコンは電池を抜いておこう

使用頻度の低いリモコンや懐中電灯に入っている電池は、抜いておくとよい。電池を入れたままにしているだけで、電池は早く放電してしまう。既に使用しているリモコンなどから、電池を外して使用することで余分な電池を購入することがなくなるとともに、効率よく電池を使用することになる。

洗剤なしでお皿をキレイにしよう

少々の皿の汚れの場合、お米のとぎ汁で洗って汚れを落すことができる。月々100円分の洗剤を節約できた場合、年間約1,200円節約できる。

ダンボールは引き出しなどにして再利用しよう

残ったダンボールは捨てずに、収納家具としてリサイクル利用しよう。家具店で収納家具を買う必要もなくなり、節約できる。自分の好きな様にカットすることやデザインすることもできて楽しい。

廃油で石けんを作ろう

廃油を使って石けんを作ろう。1個100円の石鹸を月に2個買っていたとすると、月々約200円、年間約2,400円節約できる。

料金明細をインターネット通知にかえよう

携帯電話などの料金明細を郵送からインターネット上で通知するサービスに代えよう。このサービスにすることで、月々100円。年間1,200円節約できる。

不要な子機は使わない

使用していない子機は使わないようにしよう。子機の充電の消費電力は1Wで0.023円程度。24時間充電し続けると0.552円、1ヶ月なら17.112円、不要な子機を使わないだけで年間約205円節約することができる。

固定電話を積極的に利用しよう

最近はちょっとした用事でも携帯電話を使うことが多いが、固定電話と携帯電話の料金体系を見比べて、通話距離、通話相手、通話時間などによって、きっちり安い方を使い分けよう。事前に料金体系比較表を作成しておくと便利。

キャッチホン機能を外そう

普段、キャッチホン機能を使わないのであれば、外した方が節約できる。キャッチホン機能は月々315円かかるため、キャッチホン機能を外すと年間3,780円節約できる。

自動車保険の切り替えで保険料を削減しよう

大手損保の自動車保険ではなく、インターネット系自動車保険の方が月々に支払う料金が安くなる。月々7,000円支払っていた保険料が5,000円になると、月々2,000円、年間24,000円節約できる。

自動車のアクセルは吹かさない

自動車のアクセルを踏みこむ割合を小さくしよう。急ぎの用でもない限り、アクセルをふかさないようにすれば、ガソリン代の負担も多少は軽くなり、省エネになる。

ガソリンは満タンにしない

自動車のガソリンは満タンまで入れない方が燃費がよい。自動車は重くなればなるほど、燃費が悪くなる。ガソリンにも重さがあるため、ガソリン代の節約のために、ガソリンは満タンにするのを避け7~8割ほどで留めておくとよい。

自動車の保険は年払いで10%お得

自動車の保険は年払いにすることで約1割節約できる。保険料が月2,500円の場合、月々の支払いを年一括払いにすることで年間30,000円したものが、27,000円となり3,000円節約できる。

急発進、急加速、急停車をしないようにしよう

急発進、急加速、急停車はガソリンの無駄になる。タイヤが早い段階で磨耗しやすくもなる。急発進、急加速をしないようにすれば年間約6,690円節約できる。CO2は102kg削減できる。

エアコンを使うときはカーテンを閉めよう

エアコンを使用する時はカーテンを閉めると効率的。カーテンを閉めることで、冷房時に窓から直射日光の侵入をさえぎり、室温の上昇を防ぐ。暖房時には室温が下がることを防いでくれるため、エアコンの効果を上げることができる。カーテンを利用することで夏場に冷房温度を1度上げ、冬場に暖房温度を1度下げることができれば、年間約1,000円できる。

夏場の冷房はエアコンの羽根を上向きにしよう

冷気は下に集まりやすいので部屋を効率的に冷やすためには、エアコンの羽は上向きにするとよい。効率よく部屋を冷やすことで、エアコンの電気代を節約できる。

ネクタイを外してCO2削減しよう

夏場は、なるべくネクタイを外したり、上着を脱いだりして体温を下げる工夫をしよう。これらを実践することにより、体感温度は約2℃下がるので社内の冷房を26℃ではなく28℃に設定できる。このことでCO2を約17%削減できる。

脱水は途中でやめる

洗濯機の脱水動作は最後まで動かさなくてもかまわない。洗濯機の種類にもよるが、脱水をはじめて約3分で停止させて、自分で脱水を行う。脱水時間を2分短縮すれば、消費電力を10%削減することができ、月々約217円、年間約2,600円節約できる。

アイロンはまとめてやろう

アイロンはまとめてかけた方が節約できる。ハンカチなどは、大きい衣類をアイロンかけた後、電源を切っても、余熱でハンカチ3枚くらい、十分アイロンをかけることができる。毎日30分、アイロンを使用していたのを、2日に1回45分に短縮した場合、月々約103円、年間約1236円節約できる。CO2は約23kg削減できる。

掃除機は一気にかけて電力をカットしよう

掃除機をかける時はあらかじめ片付けをしておくとよい。掃除機の利用時間を減らすことで年間約120円節約できる。CO2は年間約2kg削減できる。

洗濯物は自然乾燥を使おう

洗濯物は自然乾燥させた方が安い。乾燥機1回当り100円かかっていた場合、月々3,000円、年間36,000円節約できる。

電気カーペットの大きさをなるべく小さくしよう

電気カーペットの大きさはなるべく小さいものにする。3畳を2畳のものにして1日5時間、設定を温度の強さが中で使用した場合、年間約2,000円節約できる。使用する電気カーペットの大きさは適度のものにすることで電気代を節約できる。

寝るときは湯たんぽで電気代を節約しよう

寝る時はエアコンなどの暖房器具は使わずに湯たんぽを使うとよい。湯たんぽをタオルに包んで布団の足元に入れると、暖かく眠ることができるため、暖房代を節約できる。エアコンの利用時間を1時間減らした場合、月々約690円節約できる。

冷蔵庫とガスコンロは距離を離そう

冷蔵庫は周囲の温度が5度上昇するだけで電気代が約15~20%も上昇してしまう。ガスコンロの近くに置くことで、温度が上昇してしまうことが考えられるため、ガスコンロと冷蔵庫の距離は離れた場所に置くと電気代を節約できる。

お湯はガスコンロで沸かそう

電気ポットでお湯を沸かすと、沸かした後も忘れて保温状態のままにしていることがある。すぐに使わないお湯を保温しているだけで、無駄な電力を消費してしまう。保温を使用しない時はコンセントからプラグを抜くことで、年間約2,300円節約できる。お湯が必要な時だけガスコンロを利用する様にすれば、電気ポットで保温したままにすることもなくなる。

掃除機のパワーを使い分けよう

掃除機は弱、中、強などとパワーを設定できる。畳やフローリングであれば弱で十分。絨毯などは強に設定するなど、状況に応じて設定を使い分け消費電力を節約しよう。

沸かしたお湯は魔法瓶で保温しよう

沸かしたお湯を電気ポットで保温したままにしていると電気代がかかるため、魔法瓶を使用して保温するとよい。消費電力15Wの電気ポットで1日8時間保温していたものを魔法瓶で保温することにした場合、月々約83円、年間約996円節約できる。

節電タップを使おう

電化製品はコンセントを挿しているだけで待機電力が消費されるため、電気代が余計にかかる。テレビ、洗濯機、冷蔵庫など全てをコンセントにつけたままにしておくだけで、月々約400円、年間約4,800円待機電力代がかかっている。節電タップを使用することで電気代を節約できる。

テレビは必要以上に大きな画面にしない

テレビは部屋の広さに合ったサイズを利用しよう。大きな画面は迫力があるが、1インチ大きくなるたびに消費電力は約4W上昇してしまうので、大きい画面のテレビは避けよう。

電気をナイトプランにして節約しよう

日中に電気をほとんど使わず、深夜に電気を使うことが多い人なら、深夜電力(例:22~8時東京電力「おトクなナイト10」)の方が通常の電気代よりも60%安くなる。通常のプランで10,000円利用していた場合、6,000円節約できる

テレビは主電源を切ろう

テレビは主電源を切っておこう。リモコンでテレビを消した場合、待機状態となっているため、待機電力が消費されている。一世帯で年間数千円かかってしまう。

ペットボトルで湯たんぽを作ろう

ペットボトルに暖かいお湯を入れることで、湯たんぽとして使用でき、電気代や灯油代の節約できる。エアコンの暖房機能(1,000kWh)の使用を1時間減らした場合、1日当り約23円、月々約690円、年間約8,280円電気代を節約できる。

短時間の間で再度利用するならばパソコンの電源は切らずにスタンバイ状態にしよう

2~3時間、席を離れる場合、パソコンをスタンバイ状態にしておくとハードディスク、その他のデバイスの電源がオフになることで、消費電力を抑えることができる。パソコンを起動するための消費電力は約3円かかるため、2~3時間以内に再度、パソコンを起動する場合、電源を切るよりもスタンバイ状態にしていた方が電気を節約できる。

夏のお風呂は朝から水を張っておこう

夏は早朝からお風呂に水を張っておくとよい。夏の暑さでお風呂の水の温度が上がるため、短い時間でお風呂を沸かすことができ、ガス代が節約できる。

やかんをかける時はフタをしてガス代を節約しよう

やかんのフタを閉めずに沸騰させた時の電気代は約4円。フタを閉めて、沸騰させると約3.6円に抑えることができるため、約0.4円節約できる。1日3回お湯を沸騰させた場合、月々約36円節約でき、年間約432円節約できる。

給湯器の種火は消そう

種火は無駄にガスを使用してしまうので、消す習慣をつけよう。

ガスコンロはまめに掃除しよう

ガスコンロの火が出るところが詰まっているだけで効率が悪くなり、余計にガスを消費する。つまようじなどを使用して、ガスコンロはまめに掃除しよう。

LPガスは安い販売店を探そう

LPガスは公共料金ではないため、消費者が販売店を自由に選べる。販売店にもよるが、最大で20~45%以上料金を節約できる。1ヶ月2,000円の使用料金が45%安くなった場合、月々900円、年間10,800円節約できる。

鍋に合わせて炎を調節しよう

コンロは炎がはみ出さない様にすることで、年間約300円節約できる。CO2は年間約5kg削減できる。

朝一杯のコーヒーは電子レンジがお得

朝、1杯コーヒーを飲む時、やかんでお湯を沸かすと時間がかかるだけでなく、ガス代もかかる。電子レンジ(600W)であれば、短時間で温めることができ、1回当り約2.9円で済む。やかんで1.8リットル分のお湯を沸かすと、約3.4円になるため、電子レンジで温めることで約0.5円節約になり、早くコーヒーを飲むこともできる。

お風呂は家族が続けて入ろう

追い焚きをすると余計なガス代がかかるため、家族が間隔をあけずに入浴することで、年間約4,850円節約できる。CO2は年間約87kg削減できる。

底の広い鍋の使用でスピーディーかつガス代カットしよう

底の広い鍋は火があたる面積が広いため、炒め物をした場合、火の通りがよく、スピーディーに調理できるため、余計なガス代を節約できる。鍋底の広いものを使用した場合、年間約170円節約できる。CO2は年間約3kg削減できる。

電子レンジ調理でガス代カットしよう

野菜を茹でる時はガス調理より、電子レンジで調理をした方が調理時間を短縮でき、約1割費用を節約できる。

鍋はフタのあるものを使おう

鍋はフタありのものを使用した方がガス代を節約できる。フタをすることで、ガス代を年間約420円節約できる。CO2は約8kg削減できる。

幹事になってお店からポイントをもらおう

レストランや居酒屋などによっては、お店独自のポイントカードがある。飲み会の幹事になり、ポイントカードのあるお店を選び、会計を担当することで、会計の際にポイントを貯めることができる。次にプライベートでそのお店に食事に行った時に、ポイントを使って飲食することができれば、飲食代を節約できる。

もらった金券は金券ショップで換金しよう

もらった商品券や図書カードなどは、利用することがなければ、金券ショップなどで、換金しよう。金券ショップに売れば、約95%で買い取ってくれることもある。長い間、しまっておくとなくしてしまうこともあるので、換金して有効に使おう。

外貨預金は午前と午後でレートが異なる

外貨預金や外貨に両替する際、銀行によっては、午前と午後でレートが異なることがある。直前の為替取引レートを確認してから預金・換金しよう。

保険はインターネットで申し込もう

保険に入る時は、インターネットで保険会社のホームページにアクセスしてから、申し込むとよい。インターネットで申し込むことにより、会社にもよるが、数千円割引してくれることがあるのでチェックしよう。

住宅ローンは繰上げ返済手数料にも注目しよう

安い金利で住宅ローンを借りることができても、繰上げ返済手数料に注目した方がよい。変動金利で繰り上げ返済をする時に、手数料として5,250円かかる銀行もある。繰上げ返済を10回すると52,500円かかるが、繰り上げ返済手数料が無料の銀行で、住宅ローンを組んでいれば、52,500円分節約できる。

住宅ローン返済は元金均等返済がお得だ

住宅ローンの返済は元金均等返済で早めに返済を完了するとよいだろう。元金均等返済は毎回支払う元金部分が均等になる返済方法。残高が減っていくに従い、支払利息部分が減少していくので、将来の返済金額が小さくなる。当初の返済金額は大きくなるため、大変だが、その分節約に対する意識も高くなる。

インターネットのアンケートで金券を手に入れよう

インターネットでモニターの募集している企業がある。アンケートに答えるだけで、謝礼として金券をもらえることがあるのでお得。1ヶ月に一度500円の金券がもらうことができれば、1年間6,000円の出費が節約できる。

禁煙して医療保険を安くしよう

過去2年間、タバコを吸わず、BMI、尿酸値、血圧などの項目の数値が、保険会社の定める基準値の範囲内であれば、保険料が2~3割安くなることがある。タバコを吸わなくなることにより、タバコ代も削減できる。保険料が月額3,000円の場合、2割引になることで、年間7,200円節約できる。

公的給付金を活用しよう

勤めていた会社が倒産し、未払い給料が発生した場合、未払い賃金の8割が支給してもらうことや結婚祝い金をもらうことができるなどといった便利な制度がある。

最大20万円お得な結婚式場の株主優待とは

ホテルや観光会社の株を保有していると、7~20%(最大で20万円まで)割引ができる婚礼・宴会株主優待券をもらうことができ、披露宴の予算を節約し、浮いたお金でハネムーンを豪華にできる場合がある。他にも株主優待として宿泊優待券(割引率50%・割引限度額20,000円)などがもらえることもあるので活用しよう

ベランダで野菜栽培しよう

ベランダで野菜を栽培することで、スーパーで買わなくても済み、食費を節約できる。

1日に買う食料品を必要最低限に抑えよう

食料品を買うときは財布に必要最低減の金額を入れ、無駄な買い物をしないようにすることで、食費を節約できる。仮に1週間の食費を500円減らした場合、月々2,000円、年間24,000円節約できる。

  • ブックマーク:
  • gooブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • はてなブックマークに追加
  • Buzzurlに追加
  • livedoorクリップに追加
  • FC2ブックマークに追加
  • newsingに追加
  • イザ!に追加
  • deliciousに追加